日本介護医療福祉協会

介護スタッフの育成

●接遇マナー、身だしなみから言葉遣い、

介護スタッフに特化した研修として、一般的なマナー研修を
よりかみ砕いた内容を基本から行い、スキルを向上させます。

なぜ挨拶をしないといけないのか? なぜ身だしなみを整えなければいけないのか?

人間関係は挨拶で始まります。自分から先に「あいさつ」が基本です
挨拶は「心を開いて相手に近づく」という意味があり
素直に挨拶ができることは、人間本来の姿であり、人間社会の秩序の基です。
ビジネスパーソンにとって「挨拶」は、良い人間関係を築く大切なものであると
同時に、気持ちの良い挨拶をすることは仕事の一部であると認識した方が良い
でしょう。

また、「身だしなみ」も大切で、人は見た目で判断します。人の第一印象は、
視覚から87%、聴覚から7%の要素で決定されると言われています。
「人は見た目だけで判断してはいけない」とはよく言ますが、この言葉から、
見た目で判断するのが人の常ということがわかります。ビジネスの世界で
人を見る時の判断基準は 「仕事ができるか」「信頼できるか」です。
服装、表情、立ち居振舞いを変えるだけで、人の見る目は変わってくるのです。

●介護の現場において様々な場面で起こるスタッフの「怒り」。

これを緩和する「アンガーマネージメント」について。

近年、介護職員よる高齢者への「怒り」や「ストレス」が問題となっていますが、介護の際に身体的な被害が起こるのは施設だけではなく、家族や親族がさまざまな形で高齢者の人権を侵害する行為をおこなってしまうケースもあります。このように介護者の「怒り」や「イライラ」が高齢者への身体・精神的な暴力につながってしまうのを避けるためにも、介護の現場では「アンガーマネジメント」が必要ではないでしょうか。

●介護スタッフ専用プログラム

「マナー」「キャリアUP」研修
ご入居者様に愛される職場づくりをしませんか

  • ① 接遇マナー、身だしなみから言葉遣い、基本のスキルアップ
  • ② 介護スタッフとしてのスキルの向上
  • ③ アンガーマネージメント

離職率の減少・ご入居者様への対応の変革

「ストレス」コントロールの仕方を学び、
怒りの連鎖を断ち切ります。

●従業員の教育訓練のための助成金。

助成金が活用できます
約8 割 助成金でカバー

*支給要件があります。
満たしていれば、ほぼ全ての法人様が受給を受けております。

セミナー情報

セミナー情報の一覧ページへ
都合により、内容が変更となる場合が御座います。ご了承願います。

メニュー